ミノキシジルで注意すべき点

ミノキシジルは本来発毛目的で開発されたものではありません。それに関連して、服用する場合には注意すべき点があります。本来、ミノキシジルは降圧剤の有効成分でした。それが、ミノキシジル服用者から発毛したという報告が多くなされ、思わぬ薬効があることがわかりました。これは、ミノキシジルの血管を拡張するという効果により、二次的な作用として血行がよくなり、毛母細胞に栄養分がいき渡るようになったためであることがわかりました。国内では「リアップ」に配合されるなど、一躍発毛剤の有効成分として有名になったミノキシジルですが、その副作用には注意が必要です。軽いものだと痒みや皮膚のかぶれなど出ることがあり、発毛作用が頭髪だけでなく顔にも出ると「多毛症」になる場合があります。更に、中には内蔵に障害をもたらす場合もあります。特に腎臓や肝臓、血圧や循環器系の病気を持っている人はミノキシジル配合の発毛剤の服用を避ける必要があります。急激な血圧の変化は、これらの疾患を持つ人にとっては重大な結果をもたらしかねないからです。怖いのは、これらの疾患があっても自覚症状がないままにしらずに外国から輸入した10%以上の高濃度のミノキシジルが配合された薬を服用することです。

 

毛髪の成長を促進する効果があるミノキシジル

 

ミノキシジルには、毛髪の成長を促進する効果があることで知られており、薄毛の治療に積極的に活用される成分の一種となっています。現在では世界規模で薄毛の治療に役立てられており、毛髪を効果的に成長させることが実現されているのではないかとみられています。ミノキシジルが毛髪をスピーディーに生育させる要因としては、成分が髪の毛の成長に関わる細胞に直接作用していることが関与していると考えられています。毛母細胞や頭皮の毛細血管に作用していることから、他の成分に比べて毛髪の生育を促進しているのではないかと思います。

 

現在では慢性的な薄毛の治療に、とりわけミノキシジルが活用されるようになりつつあります。機能しにくくなっている頭皮の器官を再び活性化させることができるため、高い頻度で薄毛治療に活かされているのではないでしょうか。ミノキシジルが含有されている薬剤は複数存在するようになってきていることから、普遍的に利用される成分にもなってきていると言えるでしょう。ミノキシジルを効果的に利用しながら、薄毛の治療や症状の改善が今後も多くの患者に対してなされるのではないかとみられています。そのため、薄毛の症状を持つ人からの期待が、強く抱かれるのではないでしょうか。

 

ミノキシジルの副作用について書かれたサイト